簡単ではないけれど後悔が一切ない人生を歩めています。【ヒットメイクプロデュースご感想・アットホーム留学プロデューサー サンシャインマキ様】

3秒で共感され15秒で仕事がとれる
セルフプロモーションマーケティング理論を学び、

”言葉のチカラ“を磨き、
”お願いされる集客”を実践することで、

想い描く成果を実現し、
さらに飛躍に向けて進んでいる起業家さんの
生の声をお届けしていきます。

 

今回は、

シングルマザーでありながら、
娘さんとの時間を削がない働き方を最優先に。

月商7桁を超え、伝承制度も
思い描くカタチを実現している
ママ起業家さんをご紹介します!

”ママ・パパが英語の「楽しさ」の先生に!
親子の(英)会話で子どもの英語力がぐ〜んと伸びる

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキさん

アットホーム留学プロデューサーサンシャインマキさん

公式サイトは、「アットホーム留学」で検索!
facebookで、「サンシャインマキ」で検索!

それでは、サンシャイン マキさんからいただいた感想をご紹介していきます。

 

●プロデュース参加前に悩んでいたこと、解決したかったことは何でしたか?

2014年の5月から参加し、
今は2020年7月ですので、
気づいたら6年目に突入しています。

プロデュース参加当初は、
起業ができるかできないか
が大きな悩み事でした。

 

起業できるタイミングになったら、
すぐ動き出したかったので

ずっと機を伺いながら準備をし、
1年が経とうとしていました。

 

シングルマザーとなり、このとき娘は3歳。

英会話スクールの先生という お勤め を
2015年4月に辞め、

起業一本にしぼり、裕紀さんに
『絶対に成功したいから、改めてお願いします』
と言ったのを、よく覚えています^^

 

●プロデュースに参加してどんな変化がありましたか?

実は、変わっていったという感覚は全くないんです。

当時はダブルワークだったので、
裕紀さんのコンサルを受ける余裕が
労力的に全くない状況でした。

けれども、裕紀さんが
「こうしなさい」と言ったことは、
"悪いものは絶対無いだろう " という感覚で、

まず「はい。」と。

”とにかくやってみた ” の連続で
今に至ると感じています。

今考えると、けっこうキツい難題も課せられたと・・。
それも今では結果オーライです。

 

●お勤めを辞めるときに、迷いは無かったのですか?

半々でした。

ちょうど起業のための準備を1年やってから、
2015年の4月に辞めましたが、

そのとき、起業での収入は無い常態で

『無収入でも6ヶ月は大丈夫。
 という状態を確保したから、
 お勤めを辞め、起業に集中します。』

と宣言していました。

 

自分は起業で
「これをやりたい」と思っているものに、

全力注げないままスタートしたくなかったので、
その選択をしました。

 

その上で、裕紀さんからは、

『貯金(準備)があることは素晴らしい!
 ですがマキさん、独立初月から売上をつくるのです。

 4月から売上をつくりますので
 2月3月集中して準備をしましょう。』

と二人三脚で、アットホーム留学最初のサービスである
スカイプレッスンを創り、

4月からお給料同様の、売上を築くことができました。

 

●その頃のハイライトを教えてください。

2014年の8月から、
365日のメルマガを書き始めました。

2015年の8月からは、
音声をつけて、リニューアル配信365をスタート。

その当時はまさに、右往左往
がむしゃらにやっていました。

最初の目標は、

ビジュアルでのブランディングに名高い
インプレッションフォトグラファーの方に
写真を撮ってもらえる器になろう

ということで、2015年の8月頃に
撮っていただけました。

それまでは、
SNSに自らの顔を出すなんてありえない、、。
という抵抗感のある常態でした。

 

そうして、
通信講座を2016年の4月にスタート。

 

●通信講座にチャレンジして働き方は変わりましたか?

実は、ビジネスのの字もない
ところからのスタートだったので、

ビジネスを学ぶというよりも、
目の前の作業をするのに精一杯でした。

 

その分、遠回りは
たくさんしてしまったと想います。
そんな中でも最大限やってきて、
大きく変わったことを2つ挙げるとしたら、

 

1つ目は、
通信講座やしつもん力セミナーで
出逢えなかった人に出逢えた。ことです。

それまでは、スカイプレッスンという
『1 対 1』という形態しかできていなかったのですが、
『1 対 多』ができることで、
海外からの方や遠方の方ともつながることができた。

それが最大のメリットだったと感じています。

 

2つ目は、
まだ実感は正直無いのですが、

同じ労力で、
『1 対 1』で 一人だけを幸せにするのと
『1 対 数百人』という人数を幸せにできるのであれば、

そのビジネスモデルを作っていくべし
なのではと感じています。

そのスタートラインに立てた
自分の中での大きな変化でした。

 

●プロデュースが安田裕紀だったからできた。という部分はありますか?

安田裕紀さんは、多くを語らない人。

言葉が多くて丁寧だから良いわけではなく、

長い目で見たときに、独り立ち
(自分が自分をプロデュース)するのを、
常に意識されていて、

全部を語らないというのが徹底されていました。

 

はじめのうちは、
それが違和感だらけでしたが、
自分が門下生をもった今、同じことをやっています。

それゆえ、その姿勢を貫くのは
大変だったろうなぁと想いますが、
それを貫いてくれたからこそ、
今があると感じています。

 

また、なぜ安田裕紀さんを選んだかというと、

上から目線の方
とは合わないなぁと思っていたところ、

当時、裕紀さんは
コンサルタントからプロデューサーへ肩書きを変更し、

プロデュースを始めたばかりだったし、
共に学んでくださるそんな姿勢の人でした。

今も、その姿勢や考え方は変わらないです。

そんな裕紀さんスタイルが好きなので、
やり続けられています。

 

●言葉のチカラ については、いかがですか?

ゼロベースからのスタートだったのです。

切り口は英語でも、
感性を大事にしたい。
という想いが根底にあり、

しかし、この感性というものは、
「キラキラ〜」とか
「ワクワク〜」などなので
言葉にならず困っていました。

そんな中、安田裕紀さんは
悔しいくらいに、わたしが言葉にしたいことを、
上手に作って
くれ、すごい人だなぁと想いました。

 

常に、彼女が言葉を書き換えていくと、
言葉の構造を含め、「伝わる」ようになるので、
たくさん学んできた人なんだぁと感じます。

天性というよりも、
研究して研究し尽くしてきた人なんだなぁと分かる。

『マキさんは英語が切り口なだけであって、
英語を教える人ではない。』と言って、

くみ取りながら作ってきてくれた
安田裕紀さんに、本当に感謝しています。

 

●お勤めの頃の給料の2倍を超えたい!を実現し、
それ以上が当たり前になったのは何が要因でしたか?

容易に超えてる人たちが周りにいた
からだと思っています。

 

今も、「容易に」超えているところとは
かけ離れてはいますが、

常にガムシャラに
超えてきて今がある人たちが
周りにいたことで、

自分にもできるって想いたくなりました。

かつ、娘との時間や、
娘に選択できる人生を歩み歩ませる
ことを最優先とするスタンスのため、

必然的に時間とお金が必要となり、
それを両立できる形を作っていかないと。

という想いで、
試行錯誤、考動改善の繰り返し
を歩んできました。

『線ではなく点で考えすぎてる』と、
アイデアの却下数はとても多いのですが、

軌道修正は一人ではできないので、
有り難いと感じています。

 

●今までに、多くの苦難があった中で、諦めたくなるときはありませんでしたか?

諦める理由がなかったです。

もし、仮に、安田裕紀さんのところを離れても、

私は、
「娘との時間を削がない、英語も使いながら
 子どもとの人生を豊かにできるビジネス」
という構想で同じことをやると思います。

 

娘の顔も知っていて、
その構想を共有しながら、

『マキさん、これって、
娘さんとの時間を削がないの?』

常に確認しながら進めてくれる
安田裕紀さんのところを離れて、

この共通認識をイチから創るとなったら、
どれだけロスがあるの、という感覚なのです。

 

プロデューサーとの関係は、
大事な関係性だと思います。

師なので、上下関係ではあるのですが、

裕紀さんとは上下というより前と後ろ。
常に先を歩いて背中を見せてくれる。

そして、思っていることは伝え、受け止める
ことがお互いにできなければ苦しくなってしまう。

安田裕紀さんは、そんな関係性を築けるよう
意識してくれたと感じています。

セルフプロモーション

 

●これから始める方へのメッセージを一言お願いします

『配慮はするけど、遠慮はするな』

でしょうか。

これはチームの
真型起業家10ヶ条にもありますが、
不要な遠慮をしてしまったら、
結局お互いの意思疎通ができないと思います。

 

『それをやる前に、一言
 言ってくれば良かったのに。』

に対して、

『言えなかったんです。』

となるのであれば、
やればいいと思っています。

 

結果、やりすぎの考動だったのであれば、
『違う』と言ってもらえる関係。
そして、素直に『ごめんなさい』と受け入れられる関係。

ここに馴れ合いは無く、
互いに尊敬しているのが分かっている
からこそできること。

なので、
尊敬できるような、
尊敬してもらえるような
考動が必要なのでは。

と思っています。

 

だから簡単ではないとも言えます。
こちらが応えていく姿勢も
すごく必要だからです。

それだけ、
自分の想う理想を描ききることは
やりがいがありますね。

 

●マキさんの今後の挑戦や、描く未来を教えてください。

日本中の子どもたちが羽ばたけるための
英語嫌いの撲滅が第一。

そのためにも、
背中を魅せるママたちを応援していきます。

 

子どもに英語を学ばせよう
ではなく、
まずママが背中を魅せて、
英語をママが学ぼうと思える姿勢になれたり、
会話を楽しめるママになっていく。

というように、全てにおいて、
ママが背中を魅せる時代になってきてる
と感じてます。

多くの子どもたちが、
ママの背中から学ぶ社会。

そんな社会をつくっていきます。

 

●最後に、娘さんと歩んできた時間を振り返るとどうですか?

何も、後悔はナイです!

起業という道を選択し、
やってきて良かったと思うし、
むしろもっと進みたい!

見守って応援してくれる娘に、
『居てくれてありがとう』
と毎日感じています。

娘に背中を見せ続けるママであるために、
私自身ももっともっと挑戦を続けていきたいと思います。

 

マキさん、ありがとうございます!

「ママだから」
「シングルだから」
「子どもが小さいから」
「ダブルワークだから」

を一切言い訳することなく、
素直に学び、目の前の課題に全力で取り組んできたからこそ
マキさんは、を手にしてきました。

 

それは、

「娘ちゃんと過ごすかけがえのない時間」であり、
「ママとして娘ちゃんの可能性を広げてあげられる環境」です。

まだまだ彼女が描く未来はでっかい!からこそ、
これからも全力で進んでいくでしょう。

ともに、顔晴っていきましょうね!

 

起業というのは、

「どうはじめるか(何のシゴトをするか)」
に多くの方々は意識を向けますが、

それ以上に大切なのは、

「何を想って、はじめるか(強いヤル理由)」
の方が、結果を左右すると、

私は考えています。

マキさんともここからはじめたのです。
だからこそ、ブレずに進んでこられたのだと思います。

 

ライバルの多い英語業界ですが、

「アットホーム留学」が、
日本の未来の英語教育に一石を投じてくれるでしょう。

 

起業という生き方・働き方を選択したい方は、
ぜひ、会いに来てください!

ツールやノウハウに振り回されず、
『お願いされるビジネス』を生み出す具体策を、

手渡していきます。

理想のビジネスとライフスタイル
両方を実現できました!!!

生井桃香様

美容起業プロデューサー
井桃香さん

>>>生の声はこちら

 

子供との時間を減らさず、
理想のライフワークを実現!

アットホーム留学プロデューサーサンシャインマキさん

アットホーム留学プロデューサー
ンシャインマキさん

>>>生の声はこちら

 

単価をあげても集客は2倍以上!
理想のお客様の集客の仕組みを実現!

重ね煮アカデミー 田島恵さん

「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー主宰
島恵さん

>>>生の声はこちら

理想のお客様から
共感・信頼を得る人気サロンオーナーへ。

 

たるみ解消の専門家
エクセレントラインクリエイター
村陽子さん

>>>生の声はこちら

高単価でもお願いされる起業家として、
ブランディング業界で圧倒的なポジションを放つ存在に!

プロフェッショナル
ブランディングプロデューサー
NAOMIMANAさん

>>>生の声はこちら


オリジナルビジネスを創り出し、

新幹線や飛行機で通うクライアントさんも多数!

たった10分でココロとカラダの不調を取り除く
ココカラ気功カウンセラー
んのまりさん

>>>生の声はこちら


料理人 という職人畑から「新たな働き方」を確立し、

子供との時間も大切にできるパパに。

レシピいらずで"家庭の味"がつくれる
オンライン料理教室『和の食アカデミー』
下としあきさん

>>>生の声はこちら


単価を5倍にしても安定してお願いされ、

デザイナーの枠を超えてオリジナル商品を確立!


アクションデザインクリエイター
関由規さん

>>>生の声はこちら


生きがいとしてやれるシゴトを提供し、

プロとして”お願い”され、7桁に到達!

フェミニン望診トレーナー
崎ひろみさん

>>>生の声はこちら


心から楽しいと思えるシゴトで、月商7桁に到達!
シゴトもアソビも”私らしく”を叶えながら次のステージへ。

ファンワークコンサルタント
川ゆうこさん

>>>生の声はこちら

 

ダブルワークをしながら、家族の時間を守りながら、目標到達!
たった数日で翌月の予約が満員御礼になる新記録を連続更新中!

ことばのゆっくりさんの専門家
祐子さん

>>>生の声はこちら

-受講生の声, プロデュース
-, , , , , ,

Copyright© 売り込まずにお願いされる集客を実現する【言葉のチカラ】を軸にした感動を与えるマーケティング〜セルフプロモーションマーケティング , 2021 All Rights Reserved.